こどもと’いっしょ’のhappy LIFE style

秋を楽しむおやこcooking~ハロウィンおばけ~

今月末はハロウィン。お子さまと一緒に楽しめるイベントですね。
仮装の準備やおうちの飾りつけをして祝う方もいらっしゃると思いますが、今日は、おうちでも簡単にできてハロウィン気分を盛り上げる、ハロウィンおばけの作り方をご紹介します。withbaby内でも器用なスタッフとぶきっちょスタッフがおりますが、ぶきっちょ代表の私でもかわいく手軽に仕上げられて、お子さまの喜ぶ顔は想像以上。是非作ってみてくださいね。

材料は餃子の皮だけ!簡単でアレンジ自在のハロウィンおばけ

材料:餃子の皮
アレンジ:下記参照


丸い型を用意。ペットボトルの蓋は小さすぎますが、マスキングテープの芯くらいの大きさがベストです。瓶の蓋やお茶碗の下など、おうちにあるものを探してみてください。(今回は甘酒のボトルの蓋を使用しましたが若干小さかったです。が、後で切る場所の目安なので、アバウトで大丈夫です。)餃子の皮の上に二つ並べて乗せて軽く押し、皮に跡をつける。力を入れすぎると型が抜けてしまうので注意しましょう。


1で付けた跡をキッチンハサミで切る。陰陽のマークのイメージです。1枚の餃子の皮から2匹のオバケの身体ができます。


目と口を切り抜きます。こちらは目をストローでギュっと力を込めて抜き、口はナイフでカットしました。一緒に作業できるお子さまは色んな顔を作ってみたり、ほっぺにケチャップでちょこんと赤みをつけてもらってもかわいいです。


オーブントースター・魚焼きグリル・フライパン等で焦がさないようにで両面焼く

\ アレンジ /
・味が欲しい場合には、焼く前にオリーブオイル・ごま油・ココナッツオイル等お好みのオイルをハケでうす~く塗る→お好みの味をパラリ。
・味付け:塩・のり塩・粉チーズ・カレー塩・ハーブソルト・ガーリックソルト・きなこ・シナモンシュガー・黒砂糖など。塩分はちょっとだけで十分味がします。

この日は、上の4枚はココナッツオイル+シナモン+きび砂糖、下の4枚はごま油+塩にしました。

MEMO
・お子さまの年齢によって、小さなお子さんには味付けなしであげても食感を喜んでくれます。
・サラダ・カレー・お弁当・パンプキンスープなどのトッピングに。
・揚げてスナックにしても美味しいです。

餃子の皮は細く切ってウィンナーに巻き付けてミイラなど、ぶきっちょママでもお手軽にアレンジできる優秀素材。作業中は、餃子の皮が乾燥してしまうとひび割れたり折れたりしてしまうので、ふきんをかけて乾燥を防いであげるといいですよ

秋には遠足がある園も多いのではないでしょうか。また気候がよいので家族でピクニックに出かける機会も多いかもしれません。手軽に作れてお弁当に入れても壊れづらく、美味しさも変わらず、子どもの喜び度数が高いので、我が家では毎年作っています。遠足の時には、お友達が我が子のお弁当を覗きに来たそうです^^。

 

お子さまと一緒に季節を楽しむクッキング。皆さんもお気軽に試してみてください。ご家庭で作られた方、ぜひ画像をwithbabyにお送りくださいね🎃