こどもと’いっしょ’のhappy LIFE style

空き箱を有効活用♪「遊べるおもちゃ箱の作り方」【おうちあそび】

空き箱余っていませんか?
お家にある空き箱や道具を使って「子ども自身がおもちゃを出し入れして遊べるおもちゃ箱」の作り方をご紹介します。とても簡単ですので、ぜひ、作ってみてください♪

ライター:ゆり(0歳児のママ)

「遊べるおもちゃ箱の作り方」

今回作り方をご紹介するのは、手が入るくらいの穴を開け、穴から手を入れておもちゃを出したり入れたりして遊ぶおもちゃ箱です。

もともとは猫の知育おもちゃとして作ったものでしたが、息子がハイハイをし始めた時期にこのおもちゃ箱を発見して遊び始めました。9ヶ月になった現在も目を輝かせて遊んでいます。

対象月齢

お座りができるか、うつぶせで体を持ち上げてられるお子さんは遊べると思います。目安としては6ヶ月くらいでしょうか。

遊び方

おもちゃを出したり入れたりして遊びます。手を入れるだけでも楽しいようです。箱自体を振って中のおもちゃをゴロゴロ鳴らすこともあります。

製作時間の目安

10〜30分程度

材料と道具

・箱または段ボール
・カッター
・ガムテープ
・箱の中に入れる手のひらサイズのおもちゃ

作り方

  1. カッターで箱に直径7cmくらいの穴を開けます。中に手を入れておもちゃを出し入れできることが目安です。
  2. カッターで切った部分をガムテープで覆います。これはおもちゃを出し入れする際に手を怪我しないために貼りました。

おまけのポイント

・子どもが箱に乗る可能性があるため多少強度のある箱を使うことをお勧めします。

大きさや形の違う穴を複数開けるとあっちこっちの穴に手を入れていて楽しそうでした。隙間から中のおもちゃがチラチラ見えるのも良いようです。

・猫のおもちゃとして作ったためジョークで鮭の箱を使いましたが、段ボールにお子さんの好きな絵を描いたりシールを貼ったり、好みのデザインの箱があればそういったものを利用するのと喜ばれると思います。

・余談ですが写真の黄色いテニスボールとサッカーボールはダイソーで2個100円で購入しました。

簡単に作れて遊べるおもちゃ箱、捨ててしまう箱があればぜひお試しください♪

\あわせて読みたい/
100円ショップで購入できる!親子で楽しめる「プラバン遊び」【おうちあそび】