こどもと’いっしょ’のhappy LIFE style

【子育て活用術】子育て家庭の在宅勤務をより円滑に!スケジュール共有アプリの活用術


昨今の社会情勢を受け、まだ在宅にてお仕事をされているご家庭も多いのではないでしょうか

在宅勤務で困ることのひとつに「オンライン会議中に家族がどう過ごすか」というものがあります。
必要な数だけ書斎があり静かに集中できれば良いのですが、家に十分なスペースがなかったり、子どもが小さかったりするとオンライン会議は難しいことがあります。

スケジュール共有アプリの導入


スケジュール共有アプリというのはその名の通り複数人がそれぞれスケジュールを登録してお互いそれを参照できるアプリのことです。

ビジネス用のものもあれば、夫婦やカップルなどふたりで使うものもあります。検索するといろいろ出てくるので気になる方はぜひ調べてみてください。我が家では、以下のスケジュール共有アプリを導入することで対応しました。

TimeTree

我が家ではそのうち TimeTreeを導入しました。ちなみに、TimeTreeに決めた理由は夫が使ってみたかったからです。

使い始めた頃はスケジュールをひとつひとつ入力するのが手間でしたが、いまでは重宝しています。


まずありがたいのは在宅勤務をしている夫の会議スケジュールを把握できることです。お昼や夕ご飯は何時に食べるのか、一緒に食べるのか?ということが分かるだけでもモヤモヤすることが少なくなりました。

以前は急に会議の予定が入った際、会議中であることに気がつかず話しかけてしまうこともありました。こういったハプニングにも、たとえこちらが寝かしつけ中で会話ができない場合であっても、アプリ経由で会議である旨メモを残して対応できるようになりました。

最近は夫の会議中にわたしが子どもを連れて散歩や買い出しに行くなどの対応もできています。

また、スケジュール共有アプリを利用することで夫の代休申請もスムーズになりました。子どもの予防接種予定や、ベビーサークルなど大きなものが届く日を登録しているため、夫はそのスケジュールを見て代休申請をして家にいるようにしています。

「この日は休んでと事前にお願いしたのに!」という諍いが減り、気持ちが楽になりました。

家族とはいえお互い気を使うし、家族とはいえ気を使いすぎれば疲れて嫌になってしまいます。

急速に変化する社会や仕事、家庭の形にストレスを感じることがあると思いますが、自分に合ったツールを利用することで程よい距離感で暮らせるよう工夫したいです。

 

※今回紹介したツールは独自取材となりますので、必ず詳細についてはサービス各社へご確認下さい。