こどもと’いっしょ’のhappy LIFE style

【子育て活用術】育児中でも気軽に楽しめる!オンライン飲み会

外出自粛が叫ばれる昨今、オンラインでの活動が注目されています。オンライン学習・オンライン帰省、そしてオンライン飲み会などです。

この記事を書いている2020年4月末時点で、わたしは2回のオンライン飲み会を経験しました。1回目はLINEのグループビデオ通話、2回目はたくのむというサービスを利用。

本記事では各サービスの内容と必要なもの、そして育児しながらオンライン飲み会に参加した感想を紹介します。

各サービスのオンラインツール内容と必要なもの

LINEグループのビデオ通話

まずLINEグループのビデオ通話を利用して行ったオンライン飲み会についてです。わたしは普段からLINEを利用しているため、オンライン飲み会の開催にあたっても参加のハードルは低く感じました。

始め方は、

  1. LINE上でグループを作成
  2. グループチャット画面を開いてビデオ通話ボタンを押す
  3. 他メンバーのチャット画面に参加ボタンが表示されるので、参加者はそのボタンをクリックすればOK
参加ボタンはビデオ通話が終了するまで表示され続けるため、遅れて参加することも可能。一度退席しても参加ボタンは表示され続けるため、再度グループビデオ通話に参加することもできます。

必要なものはスマートフォンひとつだけ。お持ちの方はタブレットやノートパソコン、デスクトップパソコン+WebカメラでもLINEアプリがあれば利用出来ます。

画面に表示されるのは一度に4人までですが音声だけなら200人まで参加可能です。各々が画面に表示する人を選んで入れ替えつつビデオ通話をします。制限時間はありません。

あると便利なものはスマートフォンスタンド。食べたり飲んだりはもちろん、子供を抱っこして紹介したりする時に必要になりました。できれば角度が変えられる三脚のようなものだと使いやすいと思います。

また、電池が一気に減っていくので充電ケーブルはあった方が良いです。子供がいたずらしない&ご家族が引っかからないよう配線できると安心ですね。

たくのむ

次に、たくのむを利用したオンライン飲み会についてご紹介します。

たくのむはノートパソコンから接続しました。スマートフォンで接続したところ、他参加者からノイズが気になると言われたためです。

たくのむはURLを発行してそこに参加者がアクセスするスタイルです。アカウント作成は不要。制限時間はありません。

一度に参加可能な人数は7人まで、それ以上は有料だそうです。(2020/04/30時点、キャンペーンで人数12人まで無料です)

たくのむは音声や動画をoffにすることができます。具体的には”ちょっと皿を洗うから音声offにするね!みんなの音声は聞いてるよ!”というイメージです。この他にも文字でチャットする機能もあります。

ノートパソコン利用で必要なものは特に感じませんでした。スマートフォン同様に電源をしっかり取れると良いです。

オンライン会議ツール

このほかにもオンライン会議ツールとしてはZoomWherebyがあります。

このふたつは主催者のアカウントが必要で、無料アカウントの場合はなにかしらの制限がかかります。

コミュニケーションアプリ

コミュニケーションアプリとしてはFacebookのMessageSkypeでもビデオ通話が可能です。

さらに、今後注目したいのはGoogle Meet(もともとはハングアウトという名前でした)です。

Googleのアカウントが必要ですが9月30日まで100人同時通話&制限時間なしのキャンペーンが開催されています。

このほかにも「オンライン飲み会」で検索すればさまざまなサービスが見つかります。

それぞれ得意分野がありますが、初めてオンライン飲み会をするのであれば使い慣れたサービスを使うと抵抗なく始められるのではないでしょうか。

感想:オンライン飲み会はメリットがたくさん

それでは、育児をしながら参加するオンライン飲み会はどうだったでしょうか?

個人的な感想になりますが、とても楽しかったです。

人と会話をすることでリフレッシュができ、このほかのメリットもたくさんありました。

  • 小さい子がいる家庭も家族ぐるみで会える
  • 好き嫌いが違っても、それぞれ食べたいものを食べられる
  • 途中参加や一時退席することで、家事や育児・仕事と両立できる
  • ながら参加ができる(見たいテレビを見ながら、ペットを撫でながら、など)

オンライン上での活動は急速に広まりつつあり、今まで通りの生活は制限されていますが、これまでできなかったことがオンラインでできるようになっています。

ツールも十人十色。自分に合ったものを選んで便利に使いましょう。

ライター:ゆり(0歳児のママ)

※今回紹介したツールは独自取材となりますので、必ず詳細については各サービスへご確認下さい。

人気記事

◆親子で毎晩読み聞かせを楽しめる♪むさしのFM「子どもおやすみラジオ」
https://withbaby.jp/archives/9363

◆【三鷹エリア】TAKE OUT情報まとめ 5/18更新
https://withbaby.jp/archives/9470

◆【武蔵野エリア】TAKE OUT情報まとめ 5/18更新
https://withbaby.jp/archives/9474

◆【mama’s style vol.04】ヨガインストラクター 小木曽 優理(リリー)さん
https://withbaby.jp/archives/9424