こどもと’いっしょ’のhappy LIFE style

家にある紙で手軽にできる!「紙の仕切りトレー」を作って引き出しの中を整理整頓しよう

ライター:ゆり(1歳児のママ)

調味料や調理器具の整頓に困ることはありませんか?

筒状の調味料が引き出しの中を転がっていってしまったり、袋状に入った調味料が複数積み重なって探しづらかったりと、とにかくキッチンはモノがあふれがちです。

我が家では、そんな調味料の整理整頓のために“紙でできた仕切りトレー”を設置しました。

「手軽に作れ」・「大きさも調整可能」・「不要になっても捨てやすい」とメリットが多いです。

今回は“ちょっと片付けたい”と思ったときにピッタリな「紙の仕切りトレー」をご紹介します。

手軽にできる!「紙の仕切りトレー」

まず、紙トレーの良いところは4つあります。

  1. 材料がシンプル
  2. 時間と手間をかけずに作れる
  3. 好きなサイズで作れる
  4. 捨てやすい

家にある物で手軽に作れ、また作るにあたり時間も手間もかかりません。

手作りなので好きなサイズのトレーを作れるのも良いところです。

紙でできているので不要になれば簡単に捨てることができます。

次に、材料・道具と作り方をご紹介します。

作り方

① 紙の端4辺を折ります(トレーの高さになる部分です)

 

② 辺を折って余った4つの角を三角形に折ります。

 

③ 2の三角形を内側に折り込みます。

 

④ 3の三角形をホチキスで固定して、完成です♪

固定するのにホチキスを使っていますが、テープやノリを使うのもオススメです!

もし長いトレーを作りたい場合は、紙を2枚以上繋げて作っても良いと思います。複数重ねて折れば多少ですが強度を上げることができますよ!

 

整理整頓をすると、探す手間や片付けの手間が省けて調理がしやすくなりますよね。

また、調味料を誤って重複して購入したり、あるいは不意に切らしてしまうということが減ります。

キッチンが使いづらいと感じている場合、また調理に思いの外時間がかかってしまう場合、ぜひキッチンの整理整頓を試してみて下さい♪

 

\あわせて読みたい/
空き箱を有効活用♪「遊べるおもちゃ箱の作り方」